田村駒が地歩を築いたのは、何といってもモスリン友禅のデザインによるところが大きい。駒治郎は「友禅は意匠図案が生命」との信念をもち、意匠想像に力を傾けた。明治31(1898)年意匠室を設け、西村直仙・繁仙親子、松村景春ら気鋭の図案家を集めた。37年組織拡大によりぶに昇格した意匠部には、その後アイデアに富む大矢庄太郎が主任に迎えられ、田村駒は新図案の研究・創作を積極的に推進した。

 また、友禅図案の懸賞募集や図案研究会を主催。外部図案家との交流を図りながら、今でいう新人デザイナーの発掘と育成にも力を注いだ。大正8(1919)年設立の意匠研究会は、落語家を招いての催しなど所期の目的から離れて、やがて会員相互の親睦会に変わっていったが、商売抜きで図案家を厚遇する田村駒の姿勢はデザイン界発展に大きく貢献した。その後の図案研究は昭和4(1929)年創設の七彩会、久津和会の活動に結実していく。両意匠研究会は独創的な図案の新商品を開発、田村駒の業績に寄与した。

 このような意匠重視の背景には、モスリンの一大ブームがある。モスリンは明治に入ってから普及し、大正・昭和初期に最ももてはやされた織物。絹物の銘仙や御召に比べ、軽く柔らかい風合いとシワになりにくい性質がうけ、染色加工技術の発達とあいまって、着物や寝具、風呂敷にいたるまでなくてはならないものになった。洋反物業者は、毎月意匠を凝らした新柄を発表、各店が競い合った。

 「意匠の田村駒」とモスリンブームはみごとに合致、絢爛たる意匠の数々が生み出された。

田村駒所蔵


【参考引用文献】
「モスリンの歴史」  大東紡績 株式会社
「写真で見る田村駒の100年」  田村駒 株式会社
毛斯綸 2008年9月3日発行  くらしのきもの資料館