安政6年 (1859)安政の大獄、この頃よりモスリンの前身、呉呂服綸流行
明治5年モスリン、フランスより舶来、縮緬呉呂として珍重される
明治6年 (1873)太陽暦採用
明治9年京都、木村藤吉など緋唐縮緬の白抜き工法開発
明治14年岡島千代造、緋友禅写し染め法を開発、モスリン友禅加工の濫觴となる
明治20年岡島千代造板揚糊写し染法を考案、この頃よりモスリン染色加工工場が国内各地に建設される
明治23年兼松商店豪州羊毛を日本で初輸入
明治27年日清戦争はじまる
明治29年羊毛輸入関税撤廃 毛斯綸(大阪)、東京モスリン紡織(後の大東紡織)、日本毛織、松井モスリン、毛織布会社(館林上林モスリン)など設立
明治38年国産モスリン初めて輸出 輸入量より国内生産量が多くなる
明治40年機械捺染によるモスリン染色可能となる
大正3年第一次世界大戦 輸入染料暴騰 日本染料会社設立
大正5年モスリン輸入なくなる トップ設備増加
大正6年ロシア革命
大正7年第一次世界大戦休戦 大阪モスリン問屋モスリン同盟会結成
大正10年モスリン市場にあふれ五割操短 京都染工株式会社、捺染機械でモスリン友禅加工開始、染色の堅牢と安い価格でモスリン友禅が大衆のものとなる
昭和2年 (1927)金融恐慌おこる モスリン相場市場最安値
昭和4年世界的経済大恐慌おこる 東洋モスリン、合同毛織、後藤毛織破綻
昭和6年スフ混紡事業保護奨励
昭和9年満州国擁立 日満緬羊協会、朝鮮緬羊協会設立
昭和11年2・26事件 日本羊毛工業会、豪州羊毛の買い付け中止を決定
昭和12年毛製品のスフ混用規則公布
昭和13年緬糸配給切符制実施 校内用モスリンの製織禁止