19.織卸反

20.ガス焼(毛焼き):表面の毛羽をガスで焼き取る。

写真協力:拠J口毛焼加工

21.糊抜き:経糸につけた糊を糊抜き剤にて除去する。

22.精練:汚れ、毛焼カス、油、毛羽などを洗い落とす。

23.漂白:白さを与えるため酸化漂白、還元漂白を行う。
  (この後、染色、柄染などの加工をします)

写真協力:椛コ田染工

24.セット加工:洗っても縮まず型くずれしないようにセット加工を施す。

写真協力:丹治織物加工

25.艶出乾燥:織物に艶と風合を与えるとともに幅を一定に揃える。

26.検査:最終的に反物の傷、汚れ、規格について検査し格付けする。

27.製品


【参考引用文献】 
 「月刊染織α 2007年7月号」 染織と生活社
 「モスリンの歴史」  大東紡績